入団のご案内

会議のお知らせ

父母会のお知らせ

NEW資源回収のお知らせ

NEW味噌田楽

NEW団舎

リンク

トップページ


ベンチャー隊の活動報告

ベンチャー会議
毎月1回開かれる定例会議です>

■実施日時
■実施場所:
■出席者:
■アドバイザー:田島隊長

【議題】

1. 
2. 
3. 


■『信仰奨励章』の取得おめでとう!
 足達岳史、神田 樹、渡邉 嶺
■『救急章』の取得おめでとう!
 神田 樹、渡邉 嶺
■『炊事章』の取得おめでとう!
 足達岳史、神田 樹、渡邉 嶺、渡邉 稜

ジュニアリーダー(隼章課題)

他部門への活動へ6か月以上にわたり奉仕する。

これはプロジェクトではありません。
あくまで隼章の課題です。
各隊への奉仕を月最低2回参加目標!

ベンチャー章の課題に挑戦!

【ベンチャー章の課目】
ベンチャースカウトは、自ら考えて行動することを基本とし、
積極的に活動へ参加し、自身とグループの成長のため、適切な評価と
責任を果たすことができるスカウトである。


基本 (ア)「ちかい」と「おきて」の意味を理解し、その実践に努力する。
(イ)創始者ベーデンパウエルの大要を知る。
   ターゲットバッジ「A8 B-P 細目」1・3・4」の履修で終了と認める)
(ウ)ベンチャースカウトとして取り組みたい活動と将来の抱負を指導者と話す。
スカウト技能 (ア)ターゲットバッジ「E1 キャンプ企画」の6細目をすべて履修する。
   (マスターバッジの取得で終了と認める)
(イ)隊長及び保護者の同意の下にキャンプを計画して実際に行う。
   (1級章課題「(1)キャンピング 細目 エ)の履修で修了と認める)
スカウト精神 (ア)隊、団、その他の活動に対して積極的に奉仕する。
   (ターゲットバッジ「A9 リーダーシップ 細目2・6」の履修で修了と認める)

信仰
(ア)信仰奨励章を取得していないスカウトは、信仰奨励章を取得するか、叉は
   その取得に努力をする。
<ターゲットバッジの詳細はこちら>
※ターゲットバッジはあくまでボーイ隊の進級課題ですのでベンチャー隊では取得できません。

隼章の課題に挑戦!

【隼章の課目】
隼スカウトは、自己の確立のために健康を築き、高度な野外活動に挑戦することで
技術の高揚を図るとともに、積極的な奉仕活動の実践を通じて公共心を
身につけることができるスカウトである。


基本 (ア)ベンチャー章を取得してから、最低6か月間「ちかい」と「おきて」の実践に
   最善をつくす。
スカウト技能 (ア)2人以上のベンチャー隊のスカウトとともに、安全と衛生及び環境に配慮した
   2泊3日以上の探検旅行を計画し、隊長の承認を得て実施、報告する。
(イ)いかだ、軽架橋、信号塔など大型の構築物1つを作製する。
(ウ)次のスカウト技能のいずれかをボーイスカウト隊で指導する。
   「計測/通信/ロープ結び」
スカウト精神 (ア)他部門の活動へ6か月以上にわたり奉仕するか、地区、県連盟、日本連盟の行事
   などに奉仕し、その実績を報告する。
信仰 (ア)信仰奨励章を取得する。
技能章 (ア)炊事章、野営章、救急章を取得する。
成長と貢献 (ア)ベンチャープロジェクトを実施し、プロジェクトバッジ1個以上を取得する。

富士章の課題に挑戦!

【富士章の課目】
スカウトの最高位である富士スカウトは、
ベンチャースカウト活動の目標を達成し、社会の一員としての自立と責任、公共心を備えた、
より良き公民となれるスカウトである。


基本 (ア)隼スカウトとして、最低6か月間「ちかい」と「おきて」の実践に
   最善をつくす。
(イ)現在の自分の考えと将来の進路についてまとめ、その内容について指導者と
   話し合う。

スカウト精神
(ア)『スカウティング・フォア・ボーイズ』のキャンプファイア物語
   21、22、及び26を読み、内容について指導者と話し合う。
(イ)地域社会や学校などでの奉仕活動を企画し、隊長の承認を得て実施して
   報告する。
信仰 (ア)宗教章を取得するか、又はその取得に努力をする。
技能章 (ア)すでに取得した技能章と野営管理章を含め、合計5個以上を取得する。
成長と貢献 (ア)隼スカウトになった後、個人又はグループのチーフとして、
   ベンチャープロジェクトを計画し、隊長の承認を得て実施し、評価を含めた
   報告書を提出してプロジェクトバッジの認定を受ける。

<技能章の詳細はこちら>

<ベンチャープロジェクトについて>
<スカウツオウンサービスについて>

信仰奨励章
宗教章

年間活動計画

各隊の活動予定

フレンドパーク
上進式

各隊の活動報告

ビーバー隊
カブ隊
ボーイ隊
ベンチャー隊
ローバー隊
inserted by FC2 system